育毛薬(内服/外用)とは?②

飲む育毛薬:ザガーロカプセルに含まれている薬効成分「デュタステリド」とは?

デュタステリドはアボダートという商品名でイギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している製品で、もともと、前立腺肥大症の治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に承認されたものです。
日本ではデュタステリドは、商品名:アボルブカプセルで前立腺肥大症治療薬として2009年7月から承認されておりましたが、別薬剤として新たに臨床試験を行い、有効性および安全性が確認されたため、2015年9月28日に、男性型脱毛症治療薬デュタステリド(商品名:ザガーロカプセル)の製造販売が承認されました。
日本国内において、男性型脱毛症治療薬としてはフィナステリド(商品名:プロペシア)に次いで2番目の経口薬です。
デュタステリドは、5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があるため、Ⅱ型のみ阻害するフィナステリドよりも高いDHT(ジヒドロテストステロン)生成抑制効果を示します。
また、デュタステリドの承認された適応症は「男性における男性型脱毛症」です。
既存のフィナステリド(商品名:プロペシア)の適応症である「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と比較して、“進行遅延”の表記が外れており、進行を遅延するのみならず発毛を期待させる内容となっています。

アボダード0.5mg
アボダード0.5mg
ザガーロカプセル0.5mg
ザガーロカプセル0.5mg

デュタステリドの効果

デュタステリドは、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、血中や前立腺組織中のDHTの濃度を低下させます。肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりします。男性型脱毛症(AGA)の発現にはDHTが関与していると考えられているため、デュタステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効です。
5α還元酵素のⅡ型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。
※デュタステリドは服用開始後12週間で改善がみられる場合もありますが、治療効果を確認するには通常6ヶ月間の服用が必要となります。

デュタステリドのジェネリック

国内では「ザガーロ」が認可があり、医師の診察を受けて病院で処方されています。しかし、保険適用外の医薬品であり、先発品の為、価格が高く長期間、服用する事を考えると、とても高額になり経済的な負担が大きいです。先発品は医師の処方があるので安心出来ますが経済的に余裕の無い方は使い続ける事が困難になります。そこで先発品よりも安価で手に入る後発品のジェネリック医薬品があります。
主には海外製薬メーカー各社が薬効成分:デュタステリドを同量配合して製造し医薬品認可を取って販売しており、同様の効果が期待出来ます。日本では海外製で未承認となっている為、購入する場合は個人輸入代行業者を通して個人輸入で入手出来ます。
主なジェネリック医薬としては「ベルトリド」「デュプロスト」があります。

AD
海外医薬品・サプリメント・化粧品の個人輸入代行 お薬堂

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください